明るく楽しく元気に考えよう!

肌荒れの原因は腸内環境のせい?

2018/03/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容を追求し、美容系のサロンを経営しながら、社会のストレス・将来への不安にも負けず、自分の力で生きていく事をモットーに、自由で・健やかな幸せを目指してます。好奇心は旺盛に、自分らしい働き方・生き方を見つけつつ、自分の器を大きくする事を楽しみながら頑張ろうとしているTommyの日々に思う事、学習した事を綴っています。

Tommyです。

今回はお肌・美容の悩みを健康から考えていきたいと思います。

「あったかい気候なのに冷えが辛い…」「お休みで出かけたいけど肌荒れが気になる…」もしかしたらその不調、腸が原因かもしれません!

全身の免疫システムの6~7割を占めるといわれる腸内の環境が悪化すると、

冷えや肌荒れなどさまざまな不調の原因になるのです。

そこで「腸年齢」のことや春の不調に負けない腸活習慣のコツをご紹介します!

 

あなたの腸年齢は実年齢より若い?それとも老けている?

年齢を重ねると、善玉菌の数が減り、悪玉菌の数が増えるため、腸も老化します。

けれど、同じ年齢でも、若く見える人と、老けて見える人がいるように、「腸年齢」が必ずしも「実年齢」と同じとは限りません。

腸年齢を調べるには、その人の便を検査する必要がありますが、腸内細菌は食事や生活習慣からおよその腸年齢をチェックする方法があります。

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

 

上記のチェックシートでご自身をチェックしてみて下さい!

 

★4個以下 あなたの腸年齢は、実年齢より若く理想的です。
腸内には善玉菌のほうが悪玉菌より優勢です。
★5~9個 あなたの腸年齢は、実年齢+10歳です。
腸内の悪玉菌が増えないように注意しましょう。
★10~14個 あなたの腸年齢は、実年齢+20歳です。
腸内の悪玉菌が増えて老化がかなり進行しています。
生活習慣を改善しないとさらに腸内環境が悪化します!
★15個以上 あなたの腸年齢は、実年齢+30歳です。
腸内環境に危険信号が出ています!
生活習慣を改善しないと重篤な病になるリスク大です。

 

いかかでしたか?

Q: 腸年齢が「若い人」と「老けている人」は何が違うの?

A:腸年齢が実年齢より高いと判定された人は、腸が老化しています。

腸が老けている人は、腸内の悪玉菌が優勢なので、便やおならの臭いがきついというわかりやすい特徴があります。

逆に腸年齢の若い人の便には善玉菌であるビフィズス菌が多く見られ、いやな悪臭がしません。

Q: 腸年齢を若返らせることはできないの?

A:生活習慣を改善すれば、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善できるので、

腸年齢は何歳からでも若返らせることができます。

生活習慣を改善すると、悪玉菌が圧倒的に優勢な最悪の腸内環境から、

善玉菌が優位な腸内環境に変わり、実年齢より若い腸年齢をキープできます!

全身の免疫をコントロールする腸は、凄く賢い!

「脳より賢い」といわれる腸には、全身の免疫細胞の6~7割が集中しており、全身の健康をコントロールしています。

腸内に棲息する細菌は約1000種あり、その総重量はなんと1.5kgもあります。

腸内細菌は免疫機能と密接な関係があり、体によいものは吸収し、病原体など有害なものは排除する調整をしています。

腸内細菌の割合は善玉菌2割、悪玉菌1割、残り7割は日和見菌(未知の腸内細菌)となっており、

これらのバランスが保たれると免疫機能が正常に働きますが、

バランスが崩れて悪玉菌が増えると、免疫機能が低下し、全身にさまざまな病を引き起こします。

便秘になると便が腐敗してガンの原因に!?

食べたものを消化して栄養吸収する小腸は、免疫活性化機能があるので病気になりにくい臓器です。

一方、食べかすから大便をつくって溜めておく大腸は、正常に働いていれば便が「発酵」しますが、

腸内環境が悪くて便秘になると、「腐敗」して、大腸がんや大腸ポリープなどの原因になります。

最近では肥満や糖尿病にも関与していることが知られ、大腸は病気の発生源といわれています。

日本人女性の多くが便秘!

日本人女性の半数近くは便秘で、その約7割は5日に1回しかお通じがない人が多いです。

便秘になると、腸内で臭いおならの元になる腐敗物質がつくられ、

それが腸粘膜から吸収されて血中をめぐり、あらゆる不調の原因になります。

「食べることは、生きること」といわれますが、「出すことこそ、生きること」なのです。

腸内がきれいな人は、肌もきれい!

肌の老化も、腸年齢によって決まります。

腸年齢が老けている人は、肌トラブルが多く、逆に腸年齢が若い人は、肌ツヤもいいといえます。

つまり「美腸」=「美肌」なのです。

便秘で腸内環境が悪い人は、血液中に腸内の腐敗物質が流れ出しているので、

肌荒れ、吹き出物、アレルギー性皮膚炎、毛穴の黒ずみなど、肌トラブルの温床となります。

それでは皮膚の上からどんな薬や化粧品を塗っても効果はありません。

お通じが毎日あるかないかが、美肌の鍵を握っているのです。

『冷え』も腸内環境が原因?!

腸年齢チェックで実年齢より腸年齢の高かった人は、冷えに悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

実は、冷えも腸と密接な関係があるのです。

腸内環境が悪いと便秘になり、便秘になると代謝も血行も悪くなるので、冷えの原因になるのです。

腸を冷やさないことも大切ですが、冷え改善には何より食事や生活習慣を改善して、腸内環境を整えることが大切です。

 

腸年齢を若返らせる腸活習慣

腸内環境をよくするには、毎日の食事や生活習慣を改善することが一番です。

腸年齢マイナス10歳を目指して、ぜひ今日から腸活習慣をしてみて下さい。

  • 食事を抜かない!

朝食と昼食は翌日の朝に便となり、夕食は翌日の夕方に便になります。

朝食を抜いたり、ダイエットで食事を抜いたりしていると、よい排便サイクルをつくれず、

腸内環境を悪化させるので、間食せず3食きちんと食べましょう。

  • 乳酸菌・ビフィズス菌入りヨーグルトを1日300g!

腸内環境の改善には、善玉菌の代表「乳酸菌」や「ビフィズス菌」入り飲料やヨーグルトを毎食後100gずつ1日300g摂る習慣をつけましょう。

発酵食品も善玉菌を優位にするのにおすすめですが、漬物は塩分が多いので食べすぎは禁物です。

  • ネバネバ系で食物繊維をたっぷり!

健康なお通じのためには、大便をつくる主要素の食物繊維が欠かせません。

男性は1日19g、女性は17gを目安に豆類、根菜類、海藻類、玄米などを毎日よく噛んでバランスよく食べましょう。

納豆にメカブ、オクラなどを入れたネバネバ丼はオススメです。

  • 水を1日2リットル以上飲む!

健康な人の便は8割が水分でできています。

朝起きて水を飲めば、反射で自然に便意をもよおします。

1日に2リットル以上を目安に、常温の水かお湯を飲みましょう。

お茶やコーヒーは水の代わりにはならないのでご注意を。

  • トイレタイムに便チェック!

朝の慌ただしさで便意をガマンすると便秘の原因になります。

一定の時間を「トイレタイム」としてキープし、便の状態をチェックするライフスタイルをつくりましょう。

理想的な便は黄褐色のバナナ状で、臭いもきつくなく、時間をかけてりきまなくてもストーンと出ます。

  • 1日9000歩のウォーキングで『腸腰筋』を鍛える!

お通じを促す腸のぜんどう運動は1日に1~2回起こりますが、ストレスなどで自律神経が乱れると腸の働きが悪くなります。

快便にはインナーマッスルと呼ばれる腸腰筋(ちょうようきん:大腸と骨盤の間の筋肉)の働きが必要なので、

1日9000歩(約1時間半)を目安にウォーキング習慣をつけましょう。

電車に乗らずに歩く、エレベータでなく階段を使う、家事を機敏にするといったことを意識するだけでも便秘解消につながります。

 

まとめ

冷えも肌荒れも、まずは生活習慣を改善して腸内細菌のバランスを整え、お通じをよくすることが先決です。

この季節は公園などでウォーキングすると、腸腰筋を鍛えながらリフレッシュできるので、

ストレス解消効果も期待できて一石二鳥ですよ!

 

 

このブログにお立ち寄り

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

あなたとの出会いに

感謝して!

…Tommyでした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容を追求し、美容系のサロンを経営しながら、社会のストレス・将来への不安にも負けず、自分の力で生きていく事をモットーに、自由で・健やかな幸せを目指してます。好奇心は旺盛に、自分らしい働き方・生き方を見つけつつ、自分の器を大きくする事を楽しみながら頑張ろうとしているTommyの日々に思う事、学習した事を綴っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tommyの日々つらつら… , 2018 All Rights Reserved.