明るく楽しく元気に考えよう!

東京土産で喜んでもらえる!迷った時の7選

2018/04/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
美容を追求し、美容系のサロンを経営しながら、社会のストレス・将来への不安にも負けず、自分の力で生きていく事をモットーに、自由で・健やかな幸せを目指してます。好奇心は旺盛に、自分らしい働き方・生き方を見つけつつ、自分の器を大きくする事を楽しみながら頑張ろうとしているTommyの日々に思う事、学習した事を綴っています。

Tommyです。

 

東京へ仕事・旅行などで上京したり、

東京にお住いの方が地方に帰省したり、

さらに、東京にお住いの方が東京にお住いの方に 手土産を持って行く時など、

案外、東京って御進物の物がたくさん売っていて、迷うことがありませんか?

 

しかも、今はメディアで紹介されたり、雑誌に乗っていたり、

インターネットで紹介されていたり。

全国場所は関係なく、たくさんの人に情報が拡散されていますし、

お店の前に行列が出来ているなどと聞くと気になって、

喜ばれたいという気持ちもありますから一度はそのお店に行ってみたかったり。

 

そんな方に、お渡しして喜ばれる東京のお土産7選をご紹介していきます。

 

 

1.予約をしないでも買えるの?空也(もなか)の最中

 

夏目漱石がお気に入りだった、空也(もなか)の最中。

平日と土曜日しか営業しておらず、さらに、営業時間が平日10:00~17:00、

土曜日10:00~16:00となっています。

支店も一切なく、デパートなどでの出張販売も行っていません。

通販や配達も行っていないので、欲しければ本店・銀座並木通りに出向くしかないのです。

1日の製造されている個数が限られており、予約しないと購入できないケースがほとんどです。

よって、希少価値が高いのです。

予約する方法は、電話のみ。

注文も、大抵は1週間先以降の予約からです。

運が良いとキャンセル分が店にあり、予約なしで購入することが出来ますが、

空也(もなか)を欲しい方は、きちんと予約することをオススメします。

 

2東京で人気・和菓子の豆大福なら群林堂

 

東京メトロ護国寺駅からすぐで、

日本を代表する出版社である講談社・光文社の近くにあって、小さいお店ですが、

行列が絶えないので、迷うことはないでしょう。

三島由紀夫や松本清張などの手土産として文豪にも古くから愛されていた和菓子店です。

豆大福は早い時間に売り切れてしまうこともしばしばなので、

群林堂の豆大福を確実にゲットするためには午前中の早い時間を狙っていくと良いでしょう。

 

3東京でしか買えないニューヨーク生まれのお菓子

 

1960年代に米ニューヨークで流行したハバナサンドをベースに生まれた「NYキャラメルサンド」。

バターたっぷりのクッキーでサンドされた口どけの良いクーベルチュールチョコレートの中には、

とろとろのキャラメルが入っていて、その食感と美味しさの虜になる人が続出!

東京駅・大丸の店舗には百貨店の外にまで長い列が出来るほど、

このお菓子を買い求めるお客さんが後を絶たない。

職場や友人など、たくさんの方に配る時などのお土産にもオススメ。

ただ、人気商品なので購入の際は長い列に並ぶことにも。

 

4東京駅限定和菓子

 

『とらや』と言えば、和菓子の名店として有名ですが、

東京ステーションホテル 丸の内南ドーム内2階にある

TORAYA TOKYO(トラヤ トウキョウ)で販売しているのが、

このTORAYA TOKYO限定パッケージの小形羊羹。

パリ在住の画家、P.ワイズベッカー氏が描きおろした東京駅丸の内駅舎をモチーフにした

ここTORAYA TOKYO限定パッケージです。

知る人ぞ知る限定品ですから、差し上げた相手の方にも大変喜ばれます。

気を使わせない小箱ですし。

やはり、東京土産らしさとレア感、そして伝統の和菓子店「とらや」と

いくつもの引き出しを持った格好いいのお土産です。

 

5ミシェランの星を獲得した銀座和食店・うち山の手土産

 

うち山の名物である鯛茶漬け。

その胡麻だれとじゃこ山椒煮、黒豆が瓶詰めのおもたせに。

うち山の味の一部を家庭で楽しんでもらえる、お土産。

胡麻だれはお鍋やお刺身とも相性がいい。

 

6芸能人が差し入れに選ぶお菓子

 

地方で芸能人に会うとすれば、ロケなどで偶然出くわすくらいだが、

東京はテレビ局やスタジオなどがたくさんあったり、住んでいる芸能人が多いこともあり、

芸能人の差し入れや、手土産の話を耳にすることもある。

そこで芸能人がよく使う人気のスイーツが治一郎のバームクーヘン。

個包装してあるものがあったり、季節限定商品があったり。

ここのバウムクーヘンはずっしりと重いのにふわふわと軽い口当たり。

口に入れてもふわりと食感が軽く、層も薄くてきめ細かく何層にもなっているのに堅くない。

冷やしても常温でも美味しく、喉に詰まらないのでお年を召された方にも喜ばれると思います。

 

7甘いものが苦手な方に差し上げるお土産

 

見た目は和菓子のようですが、お菓子ではないんです。

お吸い物やお味噌汁、スープ、お茶漬け等 『椀もなか』が沢山あります。

100種類あるとのこと。

最中もいろいろな花の形があり 彩りも良く、見た目的にも喜ばれます。

フリーズドライになってるので お湯を注ぐだけで簡単。

野菜や海鮮など具材もしっかり入っていて インスタントにしては超スグレモノです。

予想以上に美味しく、 お店でいただくような本格的な味でした。

最中はお湯に溶けて トロっとした食感になり、具材とともに美味しく頂けます。

花一会本店は麻布十番にありますが、東京駅に隣接する大丸にも店舗がありますので

買いに行きやすいです。

 

まとめ

 

最近はチェーン展開されるお店が多く、全国でなかなか手に入り難い、

喜ばれるお土産が少なくなってきたので、東京土産を買おうと思うと

ちょっと考えますね。

悩んだ時に参考にして頂くと、嬉しいです。

 

 

このブログにお立ち寄り

最後まで読んでいただき

有難うございます。

あなたとの出会いに

感謝して!

…Tommyでした。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
美容を追求し、美容系のサロンを経営しながら、社会のストレス・将来への不安にも負けず、自分の力で生きていく事をモットーに、自由で・健やかな幸せを目指してます。好奇心は旺盛に、自分らしい働き方・生き方を見つけつつ、自分の器を大きくする事を楽しみながら頑張ろうとしているTommyの日々に思う事、学習した事を綴っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Tommyの日々つらつら… , 2018 All Rights Reserved.